「二ー・ディフェンダー」使用で、やはり問題は起きた!

基本的に「狭すぎるエコノミークラス座席」!!!

~エアラインは、コストをかけても改善を~

CNNニュース(乗客のリクライニング争いで米旅客機が行き先変更)クリックPLZ

前の席が「リクライニング」したことで、座席が狭くなることは、当然のことで「快適性」は著しく損なわれます。特に「エコノミークラス」❗️

これまで前後の「旅客」のあいだで「揉める」ことは、日常茶飯事でしたが、エアラインは、「食事中は、Seatを戻して下さい」という「お願い」でグレーに対応してきましたが、「後部座席の意向はどうあれリクラインできる権利を含めて販売している」
という矛盾の解決にはなりません。

更にSeatPitchの狭まった「LCC」の座席というなかで、「早い者勝ち」の「ニー・ディフェンダー」使用は、本来「エアラインVsPax」の問題を「PaxVsPax」に転化されている事態だと思います。

航空にジェツト機が就航されて以来、約50年。
機体の性能が進化して途中給油せず、10時間以上のフライトに状況が変化しても、「エコノミークラス」の座席ピッチは、たいして変わっていません。

ここが「問題解決」の原点であると思います。

http://www.cnn.co.jp/usa/35052910.html

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です