太平洋上を飛行中の機内で乗客が出産 成田空港に緊急着陸

無事の出産です。
ところで
妊産婦の搭乗ですが、日系エアラインの場合、確か出産予定日の2週間以内の搭乗であれば、医師の同行が必要とされていたと思います。
そのあたりは、どうだったのでしょうか
客室乗務員は、こういう場合、事態に直面した時は、当然「doctor call、nurse call」を試み、搭乗者の中にいない場合は、機内備え付けの「ドクターズキット、medicine キット」などを活用して対処することになります。同時に状況を「キャプテンに報告し」目的地と違う空港に緊急着陸をも検討することになります。
今回の場合は、成田にそのまま向かい、優先的に着陸出来る「緊急着陸を宣言」したと推察されます。

航空機材のトラブルや事故がなくとも、長時間飛行する中で航空機内では多くの体験から「出産から死亡まで想定されて」います。言わば「人生の縮図」のような側面もあります。

気圧が低い上に、狭い座席に長時間拘束される(BusinessやFirstクラスは、別ですが)フライトには、健康に留意しての搭乗を呼びかけたいと思います。

 

太平洋上を飛行中の機内で乗客が出産 成田空港に緊急着陸

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

One thought on “太平洋上を飛行中の機内で乗客が出産 成田空港に緊急着陸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です