「ジャーマンウイングス機、自爆の予行演習が❗️」

こういう事実を「エアライン」「運航/バイロットの現場」は、把握できなかったのか❓出来ないとなれば、乗客は安心して乗れない❗️ということになる。

さて❓「安全運航という謳い文句」を何で証明するのか❓航空は、新たな次元に入らざるを得なくなってきた❗️と言える。
ルフトハンザ系という「ジャーマンウイングス」

エアラインの「ホールディングス化」には、問題がある❗️ということを誰も言わないのは、不思議である。

ホールディングスが事実上全てを動かしていながら

一旦事故があれば、グループ各運航会社だけが責任を問われる体制なのではないか❗️
「ルフトハンザ航空がどういう立場を取るのか❓注視して行きたい。
ジヤーマンウイングスの副操縦士、墜落前に練習❗️

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NNXGQD6KLVR901.html

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です