「エアバッグ」破裂問題と航空機の接点!

11月25日、26日に概ね以下をFACE BOOKでコメントしております。https://www.facebook.com/issei.hideshima1

11月26日

「タカタ」のエアバッグのインフレーター破裂事故でちょっと心配になったのは、航空機の緊急脱出に使用する「エヴァキュエーション スライド evacuation slide」です。いわゆる「脱出用滑り台」ですが窒素や炭酸ガスで膨らませえるるようになっていますが、いざという時に開けられるドアは限られてくるのが通常です。 陸上における緊急脱出であれば、まずエンジンや主翼などの火災、海上着水であれば、水圧で開けられない場合も想定。その限られたドアに装着された「スライド ラフト」がインフレーションしない(膨らまない!)なんて言うことがあったら・・・・と不安になりました。

「タカタ」は、2012年から航空宇宙産業に進出とホームページで言っておりましたので、今後調査してみたいと思っています。逆に言えば、この装着には「メジャー」ではなかったということも言えますので、とりあえず安心かもしれません。

11月25日 

「タカターTAKATA」製の自動車エアバッグ作動時破裂事故問題がアメリカでは、Safty上の大問題として取り上げられています。

米道路交通安全局(NHTSA)は、「タカタは、自動車業界に正確な情報を常に提供してこなかった」として全米規模でのリコール」を求めています。

更に上院公聴会では、負傷者の証言の後、民主党上院議員が「タカタ社副社長」に対して「運輸当局が要求している全米規模のリコールに同意するかどうか!」「Yes or Noで答えなさい」と迫りました。副社長は、これに対して「YesNoは、言えない。自動車業界と相談してからでないと」( 要旨) と答えました。そして、「Ageeしないというのは、No!ということと受け止める。この姿勢には、全米の車利用者が重大な関心を持っている」と宣言されました。

タカタ、リコール拡大懸念も…「命奪う装置」米国で批判噴出 サンケイ11212014

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141122-00000099-san-bus_all

タカタの問題ではありますが、日本の自動車業界( ホンダ、トヨタ、ニッサン、マツダ、スバル各社)は、一体どういう考え方をしているのだろうか?
「公聴会」にかかれば、日本の国会における官僚答弁のようにはいかないことは、誰もが知っている❗️
かつて、TOYOTA豊田章社長がリコール追及の中で涙したこともあったような記憶があります。「タカタ」に全てを背負わせている!ようでひっかかりました。

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です