LCC含め世界のエアラインは、やっと気づいた「快適」の重大性!

一口に「サービス」というとカウンターや機内の人的もてなしを連想しますが、そればかりではありません。

LCCを実際に体験してみて「格安運賃」には満足しても、遅延・欠航・バゲッジトラブルなどに遭遇した際の対応などは、購入時のコントラクトに明記されているとはいえ、少なからず戸惑ったという声をよく耳にします。

例えば、「航空券の払い戻し」「遅延欠航時の対応」「乗り継ぎ含め路線の利便性」「定時制」「就航空港への利便性」など

そして、有料化を前提にしていた見えるサービス、預託手荷物、機内食、機内娯楽施設、毛布etc

ANAがピーチ・バニラ、JALがカンタス主導とはいえジェットスタージャパンにみられるように、既存のレジェンド、ナショナルフラッグは、フルサービス差別化の一方で自社グループ内にLCCを持つ、という傾向も広がっている。本家のブランドを最大に活用しようという趣もある。

参考:日経ビジネスオンライン 世界で拡がる「脱LCC」の波

 

 

1.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です