「大雪」でエアラインも大変でした

         

narita_apt_snowy 雪によるダイヤの乱れで搭乗手続きが滞り、成田空港出発ロビーにあふれた利用者
 

成田も雪で混乱、誘導路には飛行機が数珠つなぎ

 雪の影響で成田空港は22日も混乱、前夜の約1万人に続き、約3000人が空港ビル内で一夜を過ごした。

 21日は出発便の除雪に手間取り、約120機収容の駐機場が満杯になったが、この状態は雪がやんだ22日も解消せず、誘導路には終日、飛行機が数珠つなぎになった。乗客を乗せたまま5時間以上待機する到着便も続出。欠航は21日が51便、22日も68便に上った。

 周辺のホテルは22日夜も満室状態。空港内には、出発待ちの乗客や、到着便が遅れて帰宅手段がなくなるなどした乗客があふれ、空港会社や航空会社が差し入れた毛布にくるまってベンチや床で仮眠した。
(読売新聞) – 1月23日1時37分更新

<日航>雪で欠航、乗客800人に1人5万円補償

 大雪のため成田国際空港発の国際便120便が欠航した問題で、同空港発ホノルル行きのJALウェイズ74、76便の22日の遅延便が人為ミスで出発できず、日本航空が搭乗予定だった約800人に補償金の一部として1人当たり5万円、計約4000万円を支払っていたことが分かった。

(毎日新聞) – 1月24日

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です