管制官の指示がいかに安全運航を支えているか

徳島空港の重大インシデントに関連して以下を思い起こします。

2000年10月31日  シンガポール航空機離陸時の台北離陸時の事故 747-400型機

2000年 朝日ニュースタ― でシンガポール航空機事故の 解説をしました。従ってよく記憶しております。

台風20号の影響で強風下。他のエアラインは、出発を注視していたが、遅延していたシンガポール機(006便LAX行)は離陸に向かったが、パイロットが滑走路を間違えて、工事中の滑走路で離陸を試みたが、工事用車両とぶつかり航空機は、大破炎上した。

当時、パイロットのミスをチェックできなかったのか?という疑問も出た。管制官の目視が利かない死角もあったとして

その後改善されたと聞いている。

ピーチ機 あわや墜落 那覇  2014年04月30日

 

軍民問わず「管制官の人員配置」は大丈夫か?

pix_168pix_165

asahi5 asahi15

 

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です