「長時間フライトにおける機内でのエコノミークラス乗客」のフラストレ-ション!」

https://www.cnn.co.jp/business/35082121.html?fbclid=IwAR0JbhGPTz_ecxu5xXka6LyZm4RZQDM4SJgDX-RQ7b40RL3CoQT55sAjBz4

~うなずける側面が多々あります~

.「航空機内は、お金の出し方による究極の差別の世界」です。最近、特に、ステイタスとしての「ファーストクラス」もっとも利益の幅が大きい「ビジネスクラス」の座席の快適度やエンターテイメントの充実」されてきていますが、航空機がジェット化されて以来50年も経ちますが、航空機の性能が進化して北米アメリカやヨーロッパやオーストラリアなどがドアtoドアへ行けるようになり、9時間を超える長時間フライトとなっても、「エコノミークラスだけは、」ほとんど変わりなしです。世界のエアライン業界は、長時間閉じ込め型でストレスを溜めさせる「エコノミークラスの座席(縦のピッチ、横のアブレスト)の一斉改善へ向けて勇気ある前進をすべき時期にきているのてはないかと強く感じます。長距離便LCCもひたひたと迫っている昨今を鑑みてもです。

This entry was posted in ニュースにひとこと. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です